衣装ケースやカラーボックスの激安ショップ

衣装ケースやカラーボックスはネット通販が激安です。
「楽天市場」の激安ショップは見逃せません!

衣装ケースやカラーボックス



衣装ケースやカラーボックス、人形ケースやコレクションケースなど
丹念に見ていくと激安でビックリする掘り出し物が見つかりますヨ!
購入者の評価やレビューの多い順にピックアップしています。

衣装ケース

衣装ケースのレビューランキングを全部みる

カラーボックス

カラーボックスのレビューランキングを全部みる

人形ケース

人形ケースのレビューランキングを全部みる

コレクションケース

コレクションケースのレビューランキングを全部みる
楽天ウェブサービスセンター

整理や収納の知恵

○スムーズに運ぶ整理や収納の発想とは

 頭に描いている理想と現実とのギャップをもどかしく思いながらも、実際にどうすべきなのかがわからなくて悩んでいる人は少なくありません。なぜなのでしょうか?理由は二つあります。

 一つ目は、整理や収納には「法則」があることに気づかず、ただケースやカラーボックスを買って入れてみたりなど、目先、小手先だけの片づけをしていることです。

 二つ目は、「掃除と収納」「収納とインテリア」を一緒に考えがちな点です。まず、モノを適切な場所に収める「整理収納」を済ませて、次に「インテリア」を考えるべきなのです。

「掃除」はそれらモノについた汚れをとる作業なのです。

「収納」を辞書で引くと「品物をしまい、収めること」と書かれています。このことからもわかるように「しまう」のイメージが強いため、整理収納というとどうしても「いかに多くのモノをどのように入れるか」と考えてしまいますが、整理上手になりたければまずここで、頭を切り換えましょう。

 整理収納とは「いかに入れるか」ではなく、「いかに出して使うか」にポイントがあるのです。「どこに、何をしまうか」がわからない人は大勢います。しかし、「しまうため」から「出して使うため」へと発想転換すると、置き場所が決められるようになります。

 例えば、カメラやビデオカメラはどこに置いてもよさそうなものなので、空いている場所があれば、どこにでも入れてしまいがちです。しかし、それを「出して使うこと」をイメージすると、玄関近くに置くことになるのです。

 なぜかと言うと、通常外に持ち出して使うことが多いからです。玄関に、これらを入れるスペースがない場合も、このことが頭にあると、それぞれの住まいの収納スペースに合わせたケースやカラーボックスなど、入れる位置が決めやすくなります。

 例えば、A子さんのケースを例にとって整理収納を考えてみましょう。

 A子さんの部屋がいつまでたってもきれいに片づかないので、彼女の母親が部屋の片づけに行くということもありました。

 しかし、次に行ってみると元の木阿弥。1週間も生活するとまた散らかってしまうのです。

 そんな状態を見て母親が「私の育て方が悪かったのかしら」と嘆いたほどです。

 考えてみればそれは無理もないことなのです。母親といえども、娘の部屋の一つひとつのモノがどのように使われているかまではわかりませんから、ただきれいに片づけるだけの「整頓」しかできないのです。

 例えば、化粧品ひとつとっても、お風呂上がりしか使用しないものなら、置き場所は洗面所、それも毎日使うので洗面台の取りやすい目の前のケースやカラーボックスや棚、というように「裏づけ」に基づいた片づけをしなければなりません。しかし母親は、ドレッサーの上に片づけました。

 ここで「整理」と「整頓」の違いを確認しておきましょう。

「整理」とはいつ、どこで、誰が、どれくらい使う?などの、答え(裏づけ)に基づいた片づけのことを言い、「整頓」はそれらの答えには関係なく、ただきれいに見せるだけのこと、と私は考えます。

「整頓」は、あくまでも「整理」された後に行ないましょう。急にお客様が来ることになり慌てて美しい部屋に見せることに成功したとします。そのとき、「わが家もそれなりにすてきな住まいだわ」と満足するでしょう。が、数日すると元通り。それは、「整理」というプロセスを飛ばして「整頓」だけ行なったからです。

 整頓後に帰ってきたA子さん、部屋はケースやカラーボックスに収まりスッキリしたけれど使いたいものが見つからないということもしばしばでした。

 母親がA子さんの部屋を完璧に「整理」するのは無理なのです。

 なぜなら部屋に住む本人、モノを使う本人にしか、理想的な整理収納はできないからです。人任せにはできないということが、おわかりいただけたのではないでしょうか。

Copyright(C)2013 衣装ケースやカラーボックスの激安ショップ All Rights Reserved.

生活のリズム